お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

ビグアナイド薬|経口血糖降下薬

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


※「使用患者さん:インスリン抵抗性のある患者さんに使われる」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

目次


主な薬

●メトホルミン(メトグルコ®、グリコラン®
●ブホルミン(ジベトス®、ジベトンS®

作用・特徴:世界的に第一選択薬としてよく使われる薬剤

 ビグアナイド薬は、インスリンが正常に働かなくなるインスリン抵抗性を改善したり、肝臓からの糖新生を抑えたりして血糖を下げる薬剤です(図)。
 
ビグアナイド薬の代表的な働き
 
 米国糖尿病学会をはじめとした、米国やヨーロッパのガイドラインでは、第一選択薬に位置けられています。薬価は低く、古い薬剤であるため長期的な影響が知られており、よく使用されています。まづた、単独では低血糖を生じることが少ない薬剤です。

使用患者さん:インスリン抵抗性のある患者さんに使われる

>> 続きを読む
ページトップへ