お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

チアゾリジン薬|経口血糖降下薬

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


※「使用患者さん:内臓脂肪が蓄積した肥満2型糖尿病の患者さん」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

目次


主な薬

●ピオダリタゾン(アクトス®

作用・特徴:インスリン抵抗性を改善する物質を増加させる

 インスリン抵抗性を改善する働きがある薬剤です。肥満の糖尿病患者ではインスリンが効きにくい場合が多くみられますが、この薬剤には効きにくさを改善する働きがあります。
 
 具体的には、ペルオキシゾーム増殖活性化受容体γ(PPAR-γ)と呼ばれる核内受容体に主成分が結合し、アディポネクチンと呼ばれるインスリン抵抗性を改善する物質を増加させることで効果を発揮します(図)。1日1回、内服する薬です。

チアゾリジン薬の働き

使用患者さん:内臓脂肪が蓄積した肥満2型糖尿病の患者さん

>> 続きを読む
ページトップへ