お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

チアゾリジン薬|経口血糖降下薬

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

%e8%97%a4%e7%94%b0%e6%88%90%e8%a3%95 photo

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


目次


主な薬

●ピオダリタゾン(アクトス®

作用・特徴:インスリン抵抗性を改善する物質を増加させる

 インスリン抵抗性を改善する働きがある薬剤です。肥満の糖尿病患者ではインスリンが効きにくい場合が多くみられますが、この薬剤には効きにくさを改善する働きがあります。
 
 具体的には、ペルオキシゾーム増殖活性化受容体γ(PPAR-γ)と呼ばれる核内受容体に主成分が結合し、アディポネクチンと呼ばれるインスリン抵抗性を改善する物質を増加させることで効果を発揮します(図)。1日1回、内服する薬です。

チアゾリジン薬の働き

使用患者さん:内臓脂肪が蓄積した肥満2型糖尿病の患者さん

 インスリン抵抗性をきたしている症例に効果があるため、内臓脂肪が蓄積している肥満2型糖尿病患者によく使用されます。インスリン抵抗性を改善するため、インスリンを使用している患者さんではその使用量を減量することもあります。

副作用と観察:浮腫、体重増加、肝機能障害などがある

 代表的な副作用に浮腫があります。腎臓に作用し、体液貯留の方向に働くことが原因と考えられています。このため、浮腫をきたしやすく、心不全のある患者さんにおいては注意が必要です。浮腫は、用量依存的に発現するため、投与量が増えた場合は、特に気をつけます。

 また、体重増加をきたすことが知られています。これは、皮下脂肪量を中心とした脂肪量の増加や食欲亢進によるものと考えられています。このため、投与開始時には栄養指導などで食事療法を厳守することが重要です。このほか肝機能障害を引き起こすことがあるので、肝機能を定期的に確認します。また、骨折のリスクがあるため、骨塩定量の評価や転倒予防を心がける必要があります。

病棟での注意:心不全を合併する高齢者に特に注意する

 単独では低血糖を引き起こすことは少なく、食事摂取量にかかわらず内服を継続しても、まず問題はありません。また、1日1回の内服であり、特にタイミングや時間の指定はありません。ただし、他の薬剤と併用する場合は、内服忘れを考慮して、投与時刻を決めることがあります。
 
 浮腫や体重増加の副作用に注意し、定期的に体重測定や浮腫のチェックをします。特に高齢者は心不全を合併していることが多いため、体重や浮腫のチェックは大切です。男性よりも女性のほうが浮腫をきたしやすいことにも注意しましょう。


この記事はナース専科2017年10月号より転載しています。

【その他の薬剤】
SU薬(スルホニル尿素薬)
グリニド薬(速効型インスリン分泌促進薬)
αグルコシダーゼ阻害薬
DPP-4阻害薬
ビグアナイド薬
SGLT2阻害薬
インスリン製剤
GLP-1受容体作動薬

ページトップへ