お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

インスリン製剤|注射製剤

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


目次


作用・特徴:インスリンを体外から補充する

 インスリンは血糖を下げることが可能な唯一のホルモンですが、この相対的、絶対的な不足状態が糖尿病です。インスリン製剤は、体外からインスリンを補充する目的で使用する薬剤です。作用発現時間や効果持続時間によって、インスリン製剤は表のように分類されます。皮下注射で使用することが多いですが、静脈注射が可能な製剤もあります。
 
さまざまなインスリン製剤

使用患者さん:絶対適応は、1型糖尿病、膵性糖尿病、周術期、妊娠期間中など

>> 続きを読む
ページトップへ