お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

GLP-1受容体作動薬|注射製剤

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

%e8%97%a4%e7%94%b0%e6%88%90%e8%a3%95 photo

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


目次


主な薬

長時間作用型
●リラグルチド(ビクトーザ®):1日1回朝、または夕
● エキセナチド(ビデュリオン®):週1回
● デュラグルチド(トルリシティ アテオス®):週1回

短時間作用型
●エキセナチド(バイエッタ®):1日2回朝・夕食前
● リキシセナチド(リキスミア®):1日1回朝食前

作用・特徴:DPP-4阻害薬と同じ作用をもち、効果が強い

 インクレチン製剤の1つで、血糖降下作用を目的に利用される点はDPP-4阻害薬と同じです。異なるのは、効果が強く、他の作用も持ち合わせている点です。GLP-1の作用はさまざまにあり、食欲抑制や体重減少作用もあります。

 インスリン製剤と同様に皮下注射で投与するところも特徴的です。週1回投与の製剤もあり、高齢者など自己注射が困難な患者さんにも医療者を通じて使用可能となることも特徴です。空腹時血糖を下げる長時間タイプと食後血糖を下げる短時間タイプがあります。

使用患者さん:肥満2型糖尿病の患者さん

 インスリン分泌が保たれている肥満2型糖尿病の患者さんへの適応がよいと考えられています。血糖降下作用や食欲抑制、体重減少と多彩な作用(図)をもつ薬剤であるため、過食のある肥満患者さんでは、過食を抑制し、正しい食行動、体重減少につなげることが可能です。

GLP-1の多彩な作用

 皮下注射による投与であるため、自己注射ができる環境が必要となります。導入に際して、患者さんに自己注射をする能力があるか、また、能力がない場合でも、家族や医療者が注射できる環境が整っているかについて、確認が必要となります。

副作用と観察:消化器症状に配慮して少量から開始

 嘔気、下痢などの消化器症状がみられやすいのが特徴です。特に少量からの開始が必要な製剤があり、用量について気をつける必要があります。インクレチン製剤については急性膵炎との関連性が指摘されていますが、否定する研究結果もあり、今後の報告が待たれます。そのため、腹部症状などについても注意する必要があります。

病棟での注意:嘔気、便秘、食欲への影響を確認する

 消化器症状について、嘔気・便秘などの症状が出現していないかを十分に確認する必要があります。また、食欲に影響を及ぼす可能性があるので、食事の摂取量の変化を確認する必要があります。食事摂取量によって効果が影響を受けにくい薬剤であるため、絶食時に投与されていても低血糖が生じるリスクはありません。


この記事はナース専科2017年10月号より転載しています。

【その他の薬剤】
SU薬(スルホニル尿素薬)
グリニド薬(速効型インスリン分泌促進薬)
αグルコシダーゼ阻害薬
DPP-4阻害薬
ビグアナイド薬
チアゾリジン薬
SGLT2阻害薬
インスリン製剤

ページトップへ