お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[感染症] 咽頭結膜熱、過去5年間に比べるとやや高水準 感染症週報

 国立感染症研究所が6月22日に公表した、2018年第23週(6月4日~10日)の「感染症週報」によると、咽頭結膜熱の定点当たり報告数は0.92(前週0.83)で、前週よりも増加したことがわかった。過去5年間の同時期と比べて、やや高い水準。都道府県別では、新潟県(2.42)、佐賀県(2.22)、鹿児島県(1.87)の順に多い。
>> 続きを読む

ページトップへ