お気に入りに登録

【連載】医療・看護用語のDATABASE

コンパートメント症候群とは

編集 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

コンパートメント症候群とは

 コンパートメント症候群は、筋区画症候群ともいわれ、その名のとおり、骨、筋膜、筋間中隔などでかこまれた区画の内圧が、打撲などの外傷を原因として上昇し、その中にある神経、血管、筋肉が圧迫されて神経麻痺や筋組織の壊死を大須ことをいいます。
 
コンパートメント症候群とは
(クリックして拡大)

イラスト/森マサコ

ページトップへ