お気に入りに登録

【連載】「困った」を解決する!心電図の読み方のコツQ&A

どうしたらいい? 「急変時」の不整脈とその対応

執筆 田中喜美夫

田中循環器内科クリニック 院長

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e5%85%88%e7%94%9f

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

Q.緊急対応が不安です。急を要する不整脈にはどのようなものがありますか?

A.対応しないと生命にかかわる不整脈を「致死性不整脈」といいます。心室頻拍、心室細動、高度な徐脈は致死性不整脈であり、循環不全による意識障害やショック、心肺停止といった重篤な症状を呈します。予測不能な場合もありますが、前兆が胸部症状やバイタルサインの変化、モニター心電図の変化に表れることがありますから、「おかしい」と思ったら報告して12誘導心電図記録や厳重な観察が必要です。

詳しい解説は次ページへ

ページトップへ