お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[感染症] 首都圏で風しん流行の兆し、2017年の年間患者数上回る 感染研

 2018年1月から8月中旬までの国内の風しん患者報告数は184人となり、2016年および2017年の年間報告数を超えたことが8月28日、国立感染症研究所・感染症疫学センターの発表で明らかになった。報告の7割が東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県に集中。海外での感染が推定される症例は10人と少数にとどまることから、同センターは、「すでに首都圏を中心に国内流行が発生し始めている可能性が高い」との見方を示している。
>> 続きを読む

ページトップへ