お気に入りに登録

【連載】早期介入がイイのはなぜ? 重症患者の経腸栄養Q&A

第4回 重症患者さんの栄養管理で早期から腸管を使用する意義とは

執筆 鈴木宏昌

帝京平成大学 健康メディカル学部 医療科学科教授

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e5%85%88%e7%94%9f

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

Q.腸管を利用する意義はどこにあるの?

A.小腸粘膜の萎縮を防ぎ、感染性合併症による侵襲を減らすことで、重症度を高めない良好な長期予後の獲得が期待できます。

詳しい解説は次ページへ

ページトップへ