【連載】入院治療中の糖尿病患者さんの血糖コントロールが難しい理由 血糖コントロールの疑問Q&A

低血糖を起こしやすい患者さんや治療って?

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

Q.急激な血糖低下のリスクが高いのは、どのような治療、またはどのような患者さんですか?

A.糖尿病の治療方法が変更になった患者さんには注意が必要です。特にインスリン製剤やSU薬を使用している患者さんに気をつけましょう。食事や輸液の変更も同様です。

低血糖を起こしがちな状況を把握し徴候に気づくことが大切

 血糖値は図にあるような因子の綱引きで決定します。このバランスが崩れるときに要注意です。血糖降下作用の強い薬剤を使用している患者さんでは、常に低血糖を生じる可能性が高いことを考慮する必要があります。
 
血糖を下げる因子と上げる因子

 経口血糖降下薬であればSU薬、グリニド薬を使用している患者さんであり、注射製剤ではやはりインスリン製剤でしょう。他の薬剤でこれらの薬剤の併用がない場合は、あまり生じることはありません。これらの薬剤が新たに開始になったときには、低血糖の出現に気をつける必要があります。
 
 SU薬は、食事の摂取が前提で投与されているため、絶食となった場合は薬効が強すぎて低血糖を来す可能性があり、夜間や食前に下がってしまうケースが多くなります。グリニド薬であれば食後に低血糖が生じることがあります。インスリン製剤では種々の薬剤で異なりますが、主に超速効型や速効型のインスリン製剤では食後に血糖が下がりますし、中間型、持効型溶解インスリンでは空腹時や夜間に低血糖が生じることがあります。もちろん、これらの薬剤を使用している状態で、新たに他の薬剤を使用した場合も低血糖を来す可能性があることに気をつける必要があります。

 急激な血糖低下のケースは薬剤の問題もありますが、同時に血糖上昇が困難な場合が存在していることや、血糖上昇に影響があったものが消失したことによる低血糖の可能性もあることを認識することが重要です。前者の場合、肝硬変などの患者さんでは、グリコーゲンの蓄積がないことにより糖新生ができず、低血糖を来すことがあります。

 特に空腹時に起こりやすく、逆に食後は驚くほど高血糖となっていることがあります。このため、インスリン製剤の量が増量となっていくことがあり、食前低血糖につながる可能性を念頭におく必要があります。また、これまで栄養摂取が可能だった患者さんの食事が中止されたときは、血糖降下・上昇のバランスが崩れるため、低血糖となることがあります。誤嚥で絶食になった、検査が入って絶食になった、食欲不振で摂食量が極端に少なくなったなど、経口摂取できていた人が急にできなくなったときには要注意です。
 
 点滴による栄養補給も同様です。高カロリー輸液を行い、血糖管理のために側管よりインスリン製剤の持続注射や持効型溶解インスリンを使用しているケースで、インスリン製剤を中止としなかった場合には、低血糖となる可能性が高いことを認識する必要があります。
 
 輸液や栄養剤、糖尿病薬が変更になった際にも低血糖が起こる可能性を考慮して、動悸や冷汗などの低血糖症状の出現に気をつけ、気になったら医師の指示がなくても血糖値測定を行うことを心がけるとよいでしょう。


この記事はナース専科2017年11月号より転載しています。

ページトップへ