お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[健康] 投薬治療中の生活習慣病患者、男女とも70~74歳が最多 健保連

 健康保険組合連合会(健保連)が9月14日に公表した2016年度の「特定健診の『問診回答』に関する調査」によると、高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病で投薬治療を受けている患者の割合は、男女とも70~74歳が最も高いことが明らかになった。
>> 続きを読む

ページトップへ