お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

スタンダードプリコーション(標準予防策)の基本知識

解説 藤田昌久

日本医科大学付属病院 医療安全管理部 感染制御室 看護師長 感染管理認定看護師

目次

※「各感染対策について」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

※ここでは一般的な感染対策について解説しています。実際の対応に際しては、各医療施設で示されている感染対策に従いましょう。


スタンダードプリコーション(標準予防策)とは

 すべての患者さん・家族、医療従事者に対して、標準的に用いる最も重要で基本的な感染対策です。感染やその疑いの有無にかかわらず、医療ケアが提供される現場で実施されます。

 病院内で行う感染対策には、ほかに「感染経路別予防対策」があり、標準予防策とともにCDC(米国疾病予防管理センター)による「医療現場における隔離予防策ガイドライン(2007年)」に示されています。感染経路別予防策は、標準予防策を実施しても感染経路を完全に遮断できない場合に付加して用いられます。

スタンダードプリコーション(標準予防策)の目的

 医療従事者を介して起こる交差感染から患者さんを守り、また患者さんが保有している病原体から医療従事者を守るという目的があります。

標準予防策として実施すること

 原則として、下記の4つは感染性微生物を含んでいる可能性があると考えて対応します。
①血液
②汗を除くすべての体液、分泌液、排泄物
③損傷のある皮膚
④粘膜(気管、 口腔、鼻腔、消化管、眼球、膣など)

 表に具体的な標準予防策を示します。

 標準予防策の中でも、日常的に実施している手指衛生や個人防護具(PPE)の着用はよく知られていますが、ほかにも、布類(リネン)の取り扱いや患者さんの配置・移動などでも標準予防策が必要です。日頃の業務の中で、標準予防策が必要な場面を確認しておきましょう。

表 標準予防策
標準予防策

各感染対策について

>> 続きを読む
ページトップへ