お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

手指衛生が必要な場面とは?〜根拠がわかる看護技術

解説 藤田昌久

日本医科大学付属病院 医療安全管理部 感染制御室 看護師長 感染管理認定看護師

目次

※ここでは一般的な感染対策について解説しています。実際の対応に際しては、各医療施設で示されている感染対策に従いましょう。
また、本解説は手術時手指消毒を除きます。

手指衛生の方法
-石けんと流水による手洗いと速乾性手指消毒薬を用いた方法―

 
 手指衛生には、石けんと流水による手洗いと速乾性手指消毒薬(アルコール擦式消毒剤)を用いた方法があります。
 
 目にみえる汚れがある場合、血液や体液などが付着した場合は、石けんと流水による手洗いを行います。
 
 目に見える汚れがない場合は、アルコール擦式消毒剤による手指衛生を行います。

目に見える汚れがある・血液や体液などが付着した場合:石けんと流水による手洗い
目に見える汚れがない場合・石けんと流水による手洗いを実施した後:アルコール擦式消毒剤による手指衛生

>> 続きを読む
ページトップへ