お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[診療報酬] 回リハ、療養病棟のデータ提出、200床以上の基準見直し 厚労省

 2018年度診療報酬改定で、一定の病床規模の場合に診療実績データ(DPCデータ)の提出が算定要件化された【回復期リハビリテーション病棟入院料5、6】と【療養病棟入院基本料】について、厚生労働省は適用対象の見直しを周知する事務連絡を10月22日付けで地方厚生局に送付した。これまで「許可病床数200床以上」とされていた規定を「データ提出が要件となる病床の数が200床以上」に変更。これに該当しない病院は、データ提出が猶予される経過措置期間を1年間延長し、2019年度末までとする。
>> 続きを読む

ページトップへ