お気に入りに登録

【連載】困った!を解決してステロイドの基本がわかる!

患者さんに満月様顔貌(ムーンフェイス)が生じた!

解説 川合眞一

東邦大学名誉教授 医学部炎症・疼痛制御学講座教授

※「外見上の変化に対する患者さんの心情を理解しましょう」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

目次


解決の糸口はココ

●満月様顔貌の発現理由・時期を知っておこう
●ステロイドの減量・中止により改善することを覚えておこう
●患者さんの心情を理解しよう


満月様顔貌が生じるメカニズムを知っておきましょう

 満月様顔貌は、ステロイドの副作用の中でも、特徴的な外見上の変化の1つです。顔に脂肪がつき、丸くなることから「ムーンフェイス」と呼ばれます。頻度も高く、投与開始後比較的早い時期から出現します。

 ステロイドを投与すると、体内のコルチゾールが増えるのと同じことになり、糖新生が亢進されます。すると今度は、糖の上昇を抑えるためにインスリンの分泌が増えることになります。このインスリンの受容体は脂肪細胞に多くあり、そこにインスリンが結合することで、脂肪の合成を亢進したり、分解を抑制したりするので、身体に脂肪がつきやすくなります。特に、インスリン感受性が強い脂肪細胞が多くあるといわれる顔や腹部に、脂肪がつきやすくなるので、その部分が丸く膨らむのです。
 
 満月様顔貌のほか脂肪が異常につく症状としては、腹部に現れる「中心性肥満」や、首の後ろに生じる「野牛肩」があります。 

外見上の変化に対する患者さんの心情を理解しましょう

>> 続きを読む
ページトップへ