お気に入りに登録

【連載】睡眠時無呼吸症候群の病態とケア

4.睡眠時無呼吸症候群の治療法の種類と特徴

執筆 南雲 秀子

東京医療学院大学保健医療学部看護学科助教 看護師/米国呼吸療法士(RRT) /保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

目次


【事例】

追突事故を起こしたAさんは、S病院の内科で検査を受けて睡眠時無呼吸症候群と診断されました。勤務先の産業医からは以前より高血圧と高血糖を指摘されていました。仕事が忙しくてこれ以上の通院や検査に消極的だったAさんですが、医師から睡眠時無呼吸症候群を放置することによって高血圧や糖尿病が悪化するだけでなく、脳血管疾患の危険性が高まると説明され、心配になってきたたようです。

医師のイラスト
 治療法にはいくつかありますが、軽症の患者さんに処方される治療法から説明します。

1.口腔内装具OA(oral appliance)

①OAとは

 睡眠中、歯にはめて眠るマウスピースです。睡眠中に下顎の位置を少し前に固定して気道の閉塞を防ぎます。本人の歯型に合わせて歯科や口腔外科で作成します。

②適応

 軽症の睡眠時無呼吸症候群では側臥位で眠る方法を指導し、それが難しい場合にはOAが処方されることが一般的です。
中等症や重症者ではCPAPが治療の第一選択ですが、CPAP治療を拒否される場合や、何らかの理由で使用できない場合にOAを使います。

>> 続きを読む
ページトップへ