お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医療費] 市町村国保の保険料格差、最小と最大で1.4倍の開き 2016年度分析

 厚生労働省はこのほど、2016年度の「市町村国民健康保険における保険料の地域差分析」を公表した。それによると、平均所得者の保険料水準を示す「標準化指数」が最大の徳島県と最小の埼玉県の差は1.4倍、都道府県内の最大・最小格差が最も大きかったのは、北海道の3.4倍、逆に最も小さかったのは茨城県の1.2倍だった。
>> 続きを読む

ページトップへ