お気に入りに登録

【連載】使い分けの根拠がわかる! 循環器の薬

心不全薬の使い分け

執筆 古川 哲史

東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生態情報薬理学分野

目次

※記事のすべてを閲覧するにはログイン(登録無料)が必要です。


関連記事
* 心不全薬の種類・作用機序

1.急性心不全薬の使い分け

(1)ニトログリセリンとカルペリチドの使い分け

 急性心不全ではスワン・ガンツカテーテルを挿入して、フォレスター(Forrester)分類によるグループ分けをしてから治療法を選択するのが王道です。
 
 ところが、最近では主に収縮期血圧というどこでも誰でも測定できる検査データをもとに治療法を決める簡便なクリニカル・シナリオ(CS)が重宝されています。CSは収縮期血圧によって、次のように分類されます。
 
● CS1:>140mmHg以上
● CS2:100~140mmHg
● CS3:<100mmHg以下

 CS1とCS2で容量負荷がない場合は血管拡張薬が投与されます。容量負荷を判断するのは心エコーと中心静脈圧の測定で、次の3つが参考となります。

❶ 心エコーでの右室拡大
❷ 心エコーでの下大静脈径拡大(>15mm)
❸ 中心静脈圧上昇(>12mmH2O)

>> 続きを読む
ページトップへ