お気に入りに登録

【連載】基礎から解説!いますぐ実践できる「がんの緩和ケア」

第9回 嘔気・嘔吐の病態に合った制吐剤と食事の工夫|終末期の症状緩和②

執筆 重山千恵

広島大学病院緩和ケアセンター 緩和ケア認定看護師

目次


<嘔気・嘔吐とは>
さまざまな要因が複合し、終末期の半数で起こる症状

 嘔気・嘔吐は、終末期のがん患者さんの半数ほどにみられ、痛みと同様に非常に苦痛な症状です。原因には以下のようなものがあり、これらが複合していることが多くあります(表1)。

表1 進行がん患者さんの嘔気・嘔吐の原因
進行がん患者さんの嘔気・嘔吐の原因
志眞泰夫,分担訳:3 消化器の症状.武田文和,監訳:トワイクロス先生のがんの症状マネジメント.医学書院,p119,2007.

<アセスメント>
6つのチェック項目から原因を検討する

 嘔気・嘔吐のある患者さんに対して、以下のアセスメントを行います。まずは、原因が何であるかを検討し、原因をふまえて症状への対応を行います。

>> 続きを読む
ページトップへ