お気に入りに登録

【連載】使い分けの根拠がわかる! 循環器の薬

抗不整脈薬の種類・作用機序と使い分け

執筆 古川 哲史

東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生態情報薬理学分野

不整脈には、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈があり、薬物治療の対象となるのは主に前者です。抗不整脈薬は心筋のイオンの流れを標的とすることから、心臓の電気現象に治療薬がどのように働きかけているかを解説します。


目次

※「1.Ⅰ群薬(ナトリウムチャネル遮断薬)」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


1.不整脈に使う薬とは

 不整脈とは、脈が正常より速くなる(100回/分以上)、あるいは正常より遅くなる(50回/分以下)もので、前者を頻脈性不整脈、後者を徐脈性不整脈といいます。薬物治療の対象となるのは、頻脈性不整脈です。ちなみに、徐脈性不整脈は主にペースメーカー植え込みにより治療します。
 
 抗不整脈薬は、心臓の電気活動を作り出すイオンチャネルをブロックする薬で、不整脈を停止させたり、軽症にしたり、起こりにくくしたりします。抗不整脈薬の分類としては、1975年に発表されたヴォーン・ウイリアムズ分類がよく知られています。これは1つの薬物のメインターゲットは1つのチャネルあるいは受容体と考え、Ⅰ~Ⅳの4群に分けるという考え方で、40年経った今でも使われています。
 
 Ⅰ群薬はナトリウムチャネル遮断薬、Ⅱ群薬は交感神経β受容体遮断薬、Ⅲ群薬はカリウムチャネル遮断薬、Ⅳ群薬はカルシウムチャネル遮断薬です。

 Ⅰ群薬はさらに活動電位の持続時間(心電図では「QT間隔」に相当します)に対する作用でa~cの3群に細分されます。Ⅰa群薬が活動電位持続時間(QT間隔)延長、Ⅰb群薬が短縮、Ⅰc群薬が不変です。同分類に基づく主な抗不整脈薬をに示します。
 
ヴォーン・ウイリアムズ分類に基づく主な抗不整脈薬

作用機序
❶ 抗不整脈薬の標的
 抗不整脈薬は、後述するようにそれぞれのイオン電流、あるいはこれを流すイオンチャネルを標的とすることから、活動電位、イオン電流の基礎的な知識は押さえておきたいところです。

❷ イオンチャネル
 イオンチャネルとは、細胞膜にあってイオンを通過させるタンパク質で、心臓の電気現象を作り出す働きをしています。イオンチャネルをイオンが通ることにより発生する電流をイオン電流といいます。細胞の内側に向かって流れる電流を内向き電流、外側に向かって流れる電流を外向き電流といいます。

❸ 活動電位とイオン電流
 心筋細胞の興奮を表す電気活動を活動電位と呼びます。心臓で主に活動電位の形成にかかわるイオン電流には、内向き電流のNa+電流・Ca2+電流と外向き電流のK+電流があります。

 心筋細胞膜は通常、細胞内がマイナス、細胞外がプラスに荷電されています。この陽極と陰極が分かれている状態を分極といいます。活動電位は内向きの電流で発生(脱分極)し、外向きの電流で元の状態、すなわち陽極と陰極が細胞膜を介して分かれた分極状態に戻ります。これを「再分極」といいます。

❹ 作業心筋と刺激伝導系心筋
 心筋細胞は、ポンプの作用をする心室筋などの作業心筋と、心拍を発生しこれを心臓全体に伝える刺激伝導系心筋に分かれます。刺激伝導系心筋は、上位の刺激伝導系(洞結節、房室結節)と下位(心室)の刺激伝導系(ヒス束、脚、プルキンエ線維)に分かれます。

 洞結節、房室結節の性質は特殊で、Na+電流はほとんど存在せず、脱分極はCa2+電流で起こり、再分極はK+電流で起こります(図1右)。

 それ以外の心筋細胞(心房筋、心室筋、下位の刺激伝導系)では、脱分極はNa+電流により起こり、再分極はK+電流で起こります。これらの細胞では、Ca2+電流は活動電位の中間部分(プラトー相)で働き、心筋細胞の収縮に関与します(図1左)。
 
心筋細胞(作業心筋)と洞結節細胞(刺激伝導系心筋)の活動電位とイオン電流

 このように心筋細胞は、細胞内外での微小な電気的変化を通して、脱分極と再分極を繰り返すことで、収縮と拡張を維持しています。

1.Ⅰ群薬(ナトリウムチャネル遮断薬)

>> 続きを読む
ページトップへ