お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

用手換気(バギング)の適応と方法|バッグバルブマスクとジャクソンリース

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 川岸利臣

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

目次

※本記事においての換気は高度な気道確保器具(気管挿管チューブや声門上デバイス)を使用していないことを前提として解説します。


用手換気とは?

 用手換気装置を用いて、用手的に行う換気補助のことです。用手換気装置には、バッグバルブマスクとジャクソンリースがあります。

バッグバルブマスクとジャクソンリース

バッグバルブマスク

 多くの臨床現場では、一般的にドイツのAmbu社の製品が知られているため、「アンビューバッグ(Ambu bag)」とも呼ばれています。また、「蘇生バッグ」と呼ばれることもあります。

 自己膨張式換気装置であり、バッグは外部の空気を取り込んで自然に膨らむため、酸素ガス供給源がなくても換気が可能です。この場合、室内気を取り込むので、高濃度の酸素は送気できません。

 ただし、酸素ガスを供給源として、高濃度酸素を投与することもできます。その際は、バッグバルブマスクの空気吸入口にリザーバーバッグ(酸素を充填する袋)を接続して、酸素ガス供給装置につなげます。十分にバッグが膨張しているときは、バッグ内にはほぼ100%の酸素が取り込まれます。

>> 続きを読む
ページトップへ