お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

用手換気の適応と方法|バッグバルブマスクとジャクソンリース

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 川岸利臣

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

※本記事においての換気は高度な気道確保器具(気管挿管チューブや声門上デバイス)を使用していないことを前提として解説します。


用手換気とは?

 用手換気装置を用いて、用手的に行う換気補助のことです。用手換気装置には、バッグバルブマスクとジャクソンリースがあります。

バッグバルブマスクとジャクソンリース

バッグバルブマスク

 多くの臨床現場では、一般的にドイツのAmbu社の製品が知られているため、「アンビューバッグ(Ambu bag)」とも呼ばれています。また、「蘇生バッグ」と呼ばれることもあります。

 自己膨張式換気装置であり、バッグは外部の空気を取り込んで自然に膨らむため、酸素ガス供給源がなくても換気が可能です。この場合、室内気を取り込むので、高濃度の酸素は送気できません。

 ただし、酸素ガスを供給源として、高濃度酸素を投与することもできます。その際は、バッグバルブマスクの空気吸入口にリザーバーバッグ(酸素を充填する袋)を接続して、酸素ガス供給装置につなげます。十分にバッグが膨張しているときは、バッグ内にはほぼ100%の酸素が取り込まれます。

 リザーバーバッグを接続せずに酸素ガスを供給することもできますが、外気も取り込んでしまうため、酸素濃度は40~50%程度に低下します。酸素を使用するときリザーバーバッグを接続することが勧められます。

 また、バッグバルブマスクには一方弁があり、吸気時、呼気時にそれぞれ一方向にガスが流れるような仕組みになっています。つまり、バッグを圧搾したときに送気が行われ、開放時に呼気が外に排出されるようになっており、呼気がバッグ内に逆流することはありません。

 ただし、一方弁の抵抗があるため、気道抵抗や肺のコンプライアンスが確認しづらいのが、デメリットです。
ジャクソンリースと異なり、PEEP(後述)をかけることはできませんが、患者さんの呼気の放出を制限することによりPEEPを発生させるPEEP弁がついた製品もあります。

 また最近では、バッグバルブマスクの組み立て間違いによる医療事故が起きていることから、組み立てが不要なシングルユースの製品の使用頻度が増えています。

図 バッグバルブマスクの一例
バッグバルブマスクの一例

ジャクソンリース

 ジャクソンリース(ジャクソンリース回路ともいう)は、メイプルソン回路とも呼ばれています。
送気膨張式換気装置であり、バッグバルブマスクと異なりバッグは自己膨張しないため、酸素供給源が必要になります。十分な酸素ガスを使用することで、100%の酸素投与が可能です。

 また、バッグバルブマスクのように一方弁がないため、呼気時に陽圧をかける(PEEP:positive end-expiratory pressure、呼気終末陽圧)ことが可能で、肺胞の虚脱を防止することができます。

 他にも、バッグを押した時の感覚で、気道抵抗や肺のコンプライアンスがわかるというメリットがありますが、適度な圧や換気量で換気するためには熟練した技術が必要となります。

 麻酔科や小児領域ではよく使用されますが、扱いが難しいうえに、酸素供給源がないのに使用しようとしたり、酸素流量を誤って設定したりするなど、重大なトラブルが生じることがあります。そのため設置場所を制限している医療施設もあります。

表1 バッグバルブマスクとジャクソンリースの違い
バッグバルブマスクとジャクソンリースの違い

用手換気の適応

基本的に人工呼吸器を要する患者さん(表2)で、きわめて短時間の人工呼吸が必要な場合に実施されます。
例えば、挿管前で人工呼吸器の準備が整っていない、人工呼吸器回路の交換時、人工呼吸器の故障時などです。
また、CPR(心肺蘇生法)の際に、人工呼吸の処置として実施されます。
停電時などの非常事態では、酸素供給を必要としないバッグバルブマスクが使用されます。

●用手換気の使用場面
・人工呼吸器の装着前・回路の交換時・故障時など
・停電時
・搬送時
・CPRの実施時

表2 一般的な人工呼吸器の適応
一般的な人工呼吸器の適応


column マウストゥマウス(口対口式換気)について
 医療施設内では、感染予防の点から、マウストゥマウスによる人工呼吸は推奨されません。バッグバルブマスクやジャクソンリースを使用し、胸骨圧迫を優先的に行います。

 市中で行われる一次救命処置では、人工呼吸の技術と意思がある場合、胸骨圧迫と人工呼吸を30:2の比率で実施することが、「JRC蘇生ガイドライン2015」で示されています(小児では、救助者が2名以上の場合は15:2)。


バッグバルブマスクによる換気方法

(ここではリザーバーを接続し、酸素供給下における換気を例に説明します)

物品の準備

  • バッグバルブマスク(リザーバー付き・シングルユース製品)
  • ディスポ手袋(未滅菌)
  • マスク
  • ビニールエプロン
  • ゴーグル(必要時)

手順

(1)手指消毒を行い、エプロン、マスク、ゴーグル(必要時)を装着します。

(2)バッグバルブマスクのリザーバーと酸素供給装置を酸素延長チューブで接続します。
酸素供給装置

(3)酸素供給を開始します。リザーバーが膨らむことを確認します。
リザーバーが膨らむことを確認
ここに注意:リザーバーが膨らまなければ、破損しているので交換しましょう。

(4)一方の手でバッグ部分を支持し、もう一方の手でマスクを患者さんの鼻と口をしっかりと覆うように当てます。その際、母指と示指がCの形になるようにします。
バッグのあて方

(5)中指、薬指、小指がEの形になるように、患者さんの下顎にかけて、十分に挙上させて、気道を確保します。
なお、このように指をEとCの形にしてマスク保持と気道確保を行う方法を、「EC法」といいます。

挙上前
挙上前

挙上後
挙上後

EC法:指の形がEとCの形になるようにする
EC法

ここに注意:1人では気道確保が難しい場合、2人で行います。 → 2人で行う場合

(6)バッグを押しつぶして、空気を送り込みます。送り込む量や速さは患者の状況によってさまざまですが、過剰な送気は胃膨満を生じます。
AHAガイドライン2015では、心肺停止の患者さんにおいては1秒かけて胸が上がる程度に換気することが勧められています。
また、脈拍があり、呼吸がない患者さんにおいては3~5秒ごとに1秒かけて胸が上がる程度に換気することが勧められています。

空気を入れる

(7)胸郭が上下しているか、SpO2が上昇しているかを観察します。
ここに注意:過剰な送気は、胃膨満の原因となるとともに過換気の原因にもなります。心肺蘇生中の場合は、過換気になると、脳血管攣縮により脳血流が低下することから、過換気は避けなければなりません。

●2人で行う場合
 1人で気道確保が難しい場合は、2人で行います。

 1人がバッグを圧搾し、もう1人が両手EC法か、両母指球法でマスクを保持します。

 手が小さいなど、指に力が入りにくい場合は、両母指球法のほうが下顎挙上とマスクの圧着を確実に行うことができます。

両母指球法:母指球(親指の付け根)でマスクを圧着し、残りの4本の指で下顎挙上を行います。

2人で行う場合


【参考文献】
1)日本救急医学会 専門医認定委員会編:救急診療指針、へるす出版、2011.
2)公益財団法人日本医療機能評価機構 医療安全情報No.74(2013年1月).
http://www.med-safe.jp/pdf/med-safe74.pdf(2018年8月閲覧)
3)独立行政法人医薬品医療機器総合機構 PMDA医療安全情報No.38(2013年5月).
http://www.info.pmda.go.jp/anzen
pmda/file/iryo_anzen38.pdf(2018年8月閲覧)
4)JRC 蘇生ガイドライン2015 オンライン版、一般社団法人 日本蘇生協議会
http://www.japanresuscitationcouncil.org/wp-content/uploads/2016/04/1327fc7d4e9a5dcd73732eb04c159a7b.pdf
http://www.japanresuscitationcouncil.org/wp-content/uploads/2016/04/6f3eb900600bc2bdf95fdce0d37ee1b5.pdf(2018年10 月閲覧)

ページトップへ