お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[健康] 他者との交流頻度で健康状態の認識に差 第13回中高年者縦断調査

Mc %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 厚生労働省は11月28日、「第13回中高年者縦断調査」の結果を公表した。それによると、友達や近所などとのつきあいの頻度が高い人ほど、健康状態が「よい」と思っている割合が高いことが明らかになった。
>> 続きを読む

ページトップへ