お気に入りに登録

【連載】看護の力で全人的痛みを緩和する! ~がん患者の緩和ケア~

看護の力で成し得るー多角的・複合的ながん患者の緩和ケア

執筆 霜中貴美

株式会社いずみ薬局 ホスピス事業本部室長 緩和ケア認定看護師 (元)マザー湘南 訪問看護そよかぜ

 がん患者の痛みや苦しみは、治療による副作用やがんそのものによるものだけでなく、社会的・精神的・スピリチュアルなものなどさまざまです。さらに外来による治療や在宅による看取りが増えている現在、患者の痛みは複合的に絡み合い、個別性に富んでいます。いまやがん患者への緩和ケアは、全人的痛みへのケアといえるでしょう。本特集では、看護だからこそ成すことができる、緩和ケア実践のさまざまな形を紹介します。


目次


 現在、「がん」は日本人の死因の第1位を占めています。2人に1人が「がん」に罹患し、3人に1人が「がん」により、命を落としている現状があります。その「がん」によってもたらされるさまざまな苦痛を和らげるためのケアが「緩和ケア」といわれています。「がん」による苦痛はさまざまで、「身体的苦痛」「精神的苦痛」「社会的苦痛」「スピリチュアルペイン(霊的苦痛)」と、多くはこの4つの枠で語られます。また、これら4つは大きく「トータルペイン」として捉えられています。

>> 続きを読む
ページトップへ