お気に入りに登録

【連載】いまさら聞けない 脳神経外科ドレナージのしくみと管理の基本

脳神経外科におけるドレナージの目的|脳神経外科でドレナージが必要な理由①

執筆 福永 篤志

公立福生病院脳神経外科 脳神経外科 医長/気象予報士

 治療中や術後などに留置される脳神経外科領域のドレーンには、守らなければならない管理上の注意点がいくつかあります。それを理解するために、まずはドレナージのしくみと種類、そして3つのキーワードをもとにドレーン管理の基本について解説します。


目次

※「目的に沿ったドレーン管理のポイント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


脳神経外科におけるドレナージの目的-そもそもドレーン留置はなぜ必要?-

[ドレナージの意義と目的]

 ドレナージとは、体内に溜まった不要、あるいは余分な液体を体外へ排出させることをいいます。排出液は、脳脊髄液(以下、「髄液」)や血液、あるいは両者の混合物がほとんどですが、時には感染して膿汁が混入することもあります。
 
 頭蓋内は、頭蓋骨で囲まれた閉鎖空間で、通常、6~15cmH2O程度の圧で保たれています。しかし、頭蓋内に髄液が過剰となったり、出血したり、血腫が溜まったりなどすると、脳は押しつぶされて逃げ場がなくなり、頭蓋内圧が上昇します。麻痺、失語症などの症状や、頭痛、嘔吐、うっ血乳頭といった頭蓋内圧亢進症状を経て、最終的には意識障害が出現し、脳ヘルニアとなり生命の危険に直結します。そのような状況を回避するために、頭蓋内の余計な液体を速やかに抜いて、脳への圧迫を解除させなければなりません。それゆえ、ドレナージは重要なのです。

[ドレナージの目的別分類]

 ドレナージの目的による分類には、主に「治療的ドレナージ」と「予防的ドレナージ」の2つがあります()。
 
目的別ドレナージの分類

●治療的ドレナージ
 疾患の治療を目的としたドレナージをいいます。つまり、頭蓋内に過剰あるいは不要となって溜まった液体を、頭蓋外へ排出させることによって治療するというものです。具体的には、慢性硬膜下血腫や水頭症、脳出血などがあります。

●予防的ドレナージ
 今後起こり得る疾患の予防を目的としたドレナージをいいます。例えば、くも膜下出血の際に行うスパイナルドレナージ(腰椎ドレナージ)や脳槽ドレナージなどがあります。これらのドレナージは、血液を頭蓋外へ排出させ、将来発生し得る脳血管攣縮(れんしゅく)や正常圧水頭症をできる限り予防する目的で行われます。また、皮下や硬膜外に血腫が溜まらないように行う、開頭術後の皮下ドレナージや硬膜外ドレナージも、予防的ドレナージにあたります。

[目的に沿ったドレーン管理のポイント]

>> 続きを読む
ページトップへ