お気に入りに登録

【連載】いまさら聞けない 脳神経外科ドレナージのしくみと管理の基本

ドレナージの種類と適応|脳神経外科でドレナージが必要な理由②

執筆 福永 篤志

公立福生病院脳神経外科 脳神経外科 医長/気象予報士

 治療中や術後などに留置される脳神経外科領域のドレーンには、守らなければならない管理上の注意点がいくつかあります。それを理解するために、まずはドレナージのしくみと種類、そして3つのキーワードをもとにドレーン管理の基本について解説します。


目次

※ 記事をすべて閲覧するにはログイン(登録無料)が必要です。


ドレナージの種類と適応-脳神経外科ドレナージの特徴を知ろう!-

[開放式と閉鎖式の違い]

 ドレナージには、開放式と閉鎖式の2種類があります()。「開放か、閉鎖か」というのは、排出液が大気圧に対して開放されているのか(大気に触れている)、閉鎖されているのか(大気に触れていない)という違いによります。また、圧をかけて引くのか(陰圧)、外耳孔の高さで自然にまかせるのか(自然圧)、あるいは設定した圧で調節するのかなど、圧のかけ具合にも違いがあります。
 
ドレナージの種類

 開放式ドレナージの場合、大気圧と交通しているので末梢側のチューブ先端の高さを上下に調節することによって、頭蓋内圧を思い通りの設定圧にコントロールすることができます。言い換えれば、体内に留置したチューブ先端の位置と体外の先端の位置との高低差がそのまま設定圧となります。この方法は、一定の圧範囲で維持されなければならない頭蓋内環境にとっては、非常に理にかなっています。ただ、大気に触れているので、常に感染のリスクがあります。開放式ドレナージの具体例としては、脳室ドレナージ、脳槽ドレナージ、スパイナルドレナージがあります。
 
 一方、閉鎖式ドレナージの場合、大気とほとんど触れていないので、感染のリスクは低いのですが、厳格な圧管理ができないという特徴があります。ドレナージする圧は、ドレナージバッグの高さで決まります。閉鎖式ドレナージの具体例としては、硬膜外ドレナージ、硬膜下ドレナージ、皮下ドレナージがあります。

[頭蓋内の解剖・生理とドレナージの種類]

❶頭蓋内の解剖・生理
 脳を守るために、脳は3つの膜で包まれています。3つの膜とは、外側から「硬膜」「くも膜」「軟膜」の順となっていますが、軟膜は脳組織と密着しているので、実質的には、硬膜とくも膜の二重構造となっています(図1)。

頭蓋内の解剖・生理
 
 膜同士の間のスペースには、それぞれ名前がついています。頭蓋骨と硬膜の間は「硬膜外腔」、硬膜とくも膜の間は「硬膜下腔」、くも膜と軟膜の間は「くも膜下腔」といい、くも膜下腔のうち比較的広いスペースを「脳槽」(cistern;シスターン)と呼びます。

>> 続きを読む
ページトップへ