お気に入りに登録

【連載】いまさら聞けない 脳神経外科ドレナージのしくみと管理の基本

【排液】【圧設定】【感染】で考えるドレーン管理の基本|脳神経外科でドレナージが必要な理由③

執筆 福永 篤志

公立福生病院脳神経外科 脳神経外科 医長/気象予報士

 治療中や術後などに留置される脳神経外科領域のドレーンには、守らなければならない管理上の注意点がいくつかあります。それを理解するために、まずはドレナージのしくみと種類、そして3つのキーワードをもとにドレーン管理の基本について解説します。


目次


【排液】【圧設定】【感染】で考えるドレーン管理の基本-管理・観察で忘れてはいけない3つのキーワード!-

[管理上の基本となるポイント]

 脳神経外科でのドレナージでは、その特性から、重要な3つの管理・観察のポイントがあります。ドレーン管理の各論に入る前に、その理由と原理、管理上の基本について触れておくことにしましょう。

Point❶排液
 前述したように、排液は髄液か血液(血腫溶解液)、あるいはその混合液となります。脳室ドレナージであれば、無色透明な髄液が原則ですし、脳槽ドレナージであれば、血性~キサントクロミーの髄液が原則となります。この原則をしっかり押さえておきましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ