お気に入りに登録

【連載】いまさら聞けない 脳神経外科ドレナージのしくみと管理の基本

脳室ドレナージ|「部位別」ドレーン管理はここを見る!①

執筆 福永 篤志

公立福生病院脳神経外科 脳神経外科 医長/気象予報士

 圧設定やクランプ手技など、脳神経外科領域の開放式ドレナージには、特徴的な知識が求められます。ここでは、脳室ドレナージ、脳槽ドレナージ、スパイナルドレナージの管理の実際を解説します。


目次


脳室ドレナージ

どのような治療で使うの?
●急性水頭症に対し、頭蓋内圧を下げて意識状態を回復させる。
●脳室内出血を伴う場合には、血腫を溶解して排出させる。
●脳腫瘍による閉塞性(非交通性)水頭症の場合には、ドレナージに続いて、腫瘍の摘出術を行う場合がある。

■ドレナージシステムの原理

 ドレナージシステムは、通常、高さを変えることによって設定圧を調節できるチャンバーのついた回路を使用します(図1)。フィルターを介して大気に触れるので開放式ではありますが、感染予防のため、大気に露出することのない閉鎖式にほぼ準ずるものとなっています。

脳室ドレナージシステム

>> 続きを読む
ページトップへ