お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[看護] 特定行為研修、在宅・慢性期など3領域の研修をパッケージ化へ

 看護師の特定行為研修について、在宅・慢性期領域など3つの領域の研修をパッケージ化する方針が固まった。共通科目は、区分別科目との重複を精査してスリム化。研修を希望する看護師の時間的負担を軽減し、研修を受けやすい環境を整える。厚生労働省が12月6日に開催された、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会に具体案を提示した。2019年3月以降に省令と通知を改正・施行し、2020年4月から領域別パッケージ研修を開始する予定だ。
>> 続きを読む

ページトップへ