お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[感染症] 39~56歳男性に風しんワクチンを3年間無料接種 根本厚労相

 根本匠厚生労働大臣は12月11日の閣議後会見し、全国規模で流行が拡大している風しんの追加的対策を発表した。予防接種法に基づく定期接種の機会が一度もなく、ほかの世代に比べて抗体保有率が低い、39~56歳の男性に無料で抗体検査を実施。結果が陰性だった場合は、原則無料でワクチンを接種する。今後3年間、集中的に取り組むことで、現在は約80%のこの世代の抗体保有率を2021年度末までに90%以上に引き上げることを目指す。職場の健診時や夜間・休日に抗体検査が受けられるような体制を整える方針も明らかにした。
>> 続きを読む

ページトップへ