お気に入りに登録

【連載】手術室看護の基本を知ろう!

手術室での学生の実習とは?

執筆 佐藤大介

東北医科薬科大学病院 手術部 手術看護認定看護師

Ope

 看護学生の最大の試練といえば実習ではないでしょうか。筆者も実習は〝大の〟苦手で、こんな辛い思いをするならば看護師になりたくないと思ったものです。ましてや手術室の実習となるとどうでしょう。学生の間に授業で取り上げられることはほとんどありませんし、手術が実際どの様に行われているかなど体験する機会は実習中の手術見学でしかありません。テレビやドラマで取り上げられる様な、緊張感漂う雰囲気に手術室の見学は行きたくないと思っている学生も多いかと思います。では、実際看護学生は手術室でどの様な実習を行うのか。今回このテーマについてお話していきたいと思います。


手術室の実習は、どんなことをする?

 手術室内での実習は主に〝見学〟がメインになります。手術室では手術に応じた必要器械・器材の準備や,患者さんに全身麻酔を行うなどしていきます。また、手術が安全・安楽に進むように外科医師や麻酔科医師、臨床工学技士(CE)などと協働していくことが非常に重要です。

 その中で学生に何かをしてもらうといったことは、申し訳ないですが少ないといってよいでしょう。逆に手術室のスタッフから求められたり、無茶ぶりをされることも基本的にはありません。だからといって何も考えず、ぼーっとしたままただ時間が過ぎるのは許されません。

 周術期看護といった言葉があるように、手術を実施するだけが手術室で働く看護師の仕事ではありません。手術の準備段階である手術前の看護、手術が終わった後からの看護を繋ぐのは手術室の看護師です。手術室看護師だけでなく、外科医師や麻酔科医師、臨床工学技士(CE)がどのような思いで患者さんのために手術を行っているのか見学する事は非常に貴重な経験になるでしょう。

看護学生が気をつけたいこととは?

 手術を受けるということは,患者さんにとって人生の中で大きなイベントの一つといえます。当然、さまざまな不安があるでしょう。手術室看護師は主に手術中の看護を行っています。看護学生は、基本的に見学となりますが、手術前の患者さんの不安やさまざまな思いを汲み取ることができるようかかわっていきましょう。

 手術当日、全身麻酔がかかる前に患者さんと話をしたり、手を握ってあげたりすることは患者さんの不安軽減に大いに力になれるでしょう。手術室看護師が事前に患者さんとかかわれるのは術前訪問のわずかな時間であることが多いため、学生の築き上げた患者さんとの信頼関係はとても貴重です。積極的に患者さんに話しかけ、手を握るなどしてみてもよいでしょう。

 手術室にはさまざまな器械や物品があります。そのほとんどが滅菌物になっていますし、取り扱いが難しいものもあります。不用意に触ってしまうと、不潔にしてしまうことがあるため、担当看護師の指示に従い、何かしたいときは声掛けをしましょう。

 手術では普段見ることのできない身体の内部が見えますし、気持ちのよいものではないかもしれません。体調を万全にし、体調不良時は必ず事前に指導を担当する看護師に伝えましょう。手術中に看護学生が倒れてしまうと混乱を招くおそれがあるため、休憩を多めに取る、または見学を中止するなどの対応を考えなければいけません。それくらい手術室見学は慎重に行わなければいけません。

 手術中は主に器械出し看護師と外回り看護師の2つの役割があります。器械出し看護師は術前に、術式名だけでなく患者さんの手術歴や現在の状態などから手術に必要な器械や物品を不足がないように準備します。術中は無菌操作による適切な使用方法で手術器械・物品を扱い、スムーズに手術が進行するよう介助を行います。

 外回り看護師は、患者さんの観察や看護記録・麻酔介助などの業務を行います。器械出し看護師は外科医とともに清潔野に入ってしまいますので、術中は清潔野以外の業務をすべて請け負います。

 手術中に必要になった物品の準備や、チーム医療として協働するために全体的なマネジメントを行うことも重要な役割です。手術の進行や状況を把握しながら業務を進める必要があるため、経験年数の長い看護師が担当することが多いです。

 器械出し看護師と外回り看護師に共通していえることは、外科医、麻酔科医、その他コメディカルとチーム医療として協働するために情報共有をし、コミュニケーションを密に取りながら業務を進めているということです。学生もその一員となり、患者さんのために尽力していきましょう。

ページトップへ