お気に入りに登録

【連載】手術室看護の基本を知ろう!

手術室での学生の実習とは?

執筆 佐藤大介

東北医科薬科大学病院 手術部 手術看護認定看護師

 看護学生の最大の試練といえば実習ではないでしょうか。筆者も実習は〝大の〟苦手で、こんな辛い思いをするならば看護師になりたくないと思ったものです。ましてや手術室の実習となるとどうでしょう。学生の間に授業で取り上げられることはほとんどありませんし、手術が実際どの様に行われているかなど体験する機会は実習中の手術見学でしかありません。テレビやドラマで取り上げられる様な、緊張感漂う雰囲気に手術室の見学は行きたくないと思っている学生も多いかと思います。では、実際看護学生は手術室でどの様な実習を行うのか。今回このテーマについてお話していきたいと思います。


手術室の実習は、どんなことをする?

 手術室内での実習は主に〝見学〟がメインになります。手術室では手術に応じた必要器械・器材の準備や,患者さんに全身麻酔を行うなどしていきます。また、手術が安全・安楽に進むように外科医師や麻酔科医師、臨床工学技士(CE)などと協働していくことが非常に重要です。

 その中で学生に何かをしてもらうといったことは、申し訳ないですが少ないといってよいでしょう。逆に手術室のスタッフから求められたり、無茶ぶりをされることも基本的にはありません。だからといって何も考えず、ぼーっとしたままただ時間が過ぎるのは許されません。

>> 続きを読む
ページトップへ