お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[診療報酬] 一般病床と療養病床、病院病床として統一を 武久日慢協会長

 日本慢性期医療協会(日慢協)の武久洋三会長は1月10日会見し、2018年度の診療・介護報酬改定で20対1医療療養病床以外の慢性期病床(25対1医療療養および介護療養)の廃止の方向が明確になったことから、「病院病床」として一般病床と療養病床の施設基準を一本化することを20年度改定に向けた課題として提唱。患者状態の評価指標や診療報酬の支払方法をDPC/PDPS(包括医療費支払制度)に統一することも提案した。
>> 続きを読む

ページトップへ