お気に入りに登録

【連載】エキスパートが教える! 知っておきたい看護技術

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 川岸利臣

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

目次

※「Aライン確保の方法」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


Aライン確保とは?

 Aライン(arterial line、動脈ラインとも)確保とは、動脈内にカテーテルを留置することです。

Aライン確保の適応

 持続的な血圧のモニタリング(観血的動脈圧測定)や頻回な動脈採血が必要な場合、マンシェットによる血圧測定ができない場合などに行われます。また、動脈圧波形を解析することで心拍出量を評価することも可能です。

 臨床では、手術中や集中管理下で多く行われています。

【Aラインが必要な例】
・持続的血圧モニタリングが必要な例:昇圧薬や降圧薬で厳密な血圧管理を行っている場合など
・頻回な動脈採血の例:呼吸不全で動脈血液ガス分析が必要、カリウムなどの重篤な電解質異常など
・マンシェットによる血圧測定ができない例:広範囲の熱傷や外傷など

観血的動脈圧測定とは

 観血的動脈圧測定は、動脈にカテーテルを挿入し、動脈内の圧力をトランスデューサーで検知し、モニター画面に圧波形として表示します。心拍出ごとに最新の収縮期血圧と拡張期血圧、そして平均血圧がわかります。

 一般的に、末梢側になるにつれて収縮期圧が上昇し拡張期圧が低下しますが、平均血圧(平均血圧=拡張期圧+収縮期圧/3)は、ほとんど変化しません。また、平均血圧は臓器還流を反映するとされています。

Aラインの刺入部位

 主に、橈骨動脈・足背動脈が用いられます。選択の理由として、血管が比較的太くて留置しやすい、万が一、空気が入り込んでも他の動脈からの血流があるため、塞栓症リスクが少ないという点があります。

 これらの動脈が触知困難な場合は、上腕動脈・大腿動脈が選択されますが、固定性や清潔面から橈骨動脈・足背動脈に劣ります。

橈骨動脈
橈骨動脈

足背動脈
足背動脈

上腕動脈
上腕動脈

大腿動脈
大腿動脈

Aライン確保の方法

 Aラインの確保は、動脈に穿刺するため、医師が行う手技です。看護師は物品の準備や介助を行います。清潔操作が必要になるため、看護師は滅菌物の取り扱いに注意します。

>> 続きを読む
ページトップへ