お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医薬品] 高血圧症治療薬を自主回収、発がん性物質の検出で 東京都

Mc %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 ファイザーは2月8日、同社が製造販売する高血圧症治療薬「アムバロ配合錠『ファイザー』」(一般名:バルサルタン/アムロジピンベシル酸塩配合錠)について、自主回収を開始した。東京都が同日、発表した。海外で製造された原薬から発がん性が疑われる物質が検出されたため。回収分類は、重篤な健康被害または死亡の原因となる可能性がある「クラスI」。現在までのところ、国内外で重篤な健康被害が発生したとの報告はないという。

 回収対象は、2018年12月3日から19年1月23日までに出荷された76万3,820錠で、卸74施設、医療機関(薬局含む)2,501施設に納入されている。ロット番号は、▽100錠(PTP)/X66074、AF1679▽140錠(PTP)/X66073▽700錠(PTP)/X66072▽500錠(バラ)/X62678。

(厚生政策情報センター)

ページトップへ