お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

気道確保とは|頭部後屈顎先挙上法・下顎挙上法とエアウエイを用いる気道確保の手順と注意点

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 富永経一郎

自治医科大学附属病院 救命救急センター 医師

目次

気道確保とは?

 大気の通り道である気道(airway)の物理的な閉塞を解除する、もしくは予防する処置です。窒息を防ぎ、呼吸管理を行うために実施されます。

 気道閉塞の原因はさまざまですが、よくみられるのは意識障害による舌根沈下です。
 
 気道閉塞は生命にかかわる緊急事態であり、心肺蘇生においても第一に気道確保が優先されます。

●気道閉塞の原因例
・意識障害などによる舌根沈下
・過剰な気道分泌物
・嘔吐物や血液、胃内容物の逆流、異物
・気道の外傷・熱傷・炎症・浮腫・血腫
・咽頭痙攣、気管支痙攣
・気管切開・気管チューブの閉塞

気道確保の方法

 気道確保には、用手的気道確保と器具を用いる気道確保があります。用手気道確保には、頭部後屈顎先挙上法と下顎挙上法があります。

>> 続きを読む
ページトップへ