お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[患者] 「受入れ条件整えば退院可能」は入院患者の12.9% 17年患者調査

Mc %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 厚生労働省は3月1日、「平成29年(2017)患者調査の概況」を公表した。人口構造の変化などを背景に、64歳以下の推計入院患者数は減少、65歳以上の推計患者数は入院・外来とも増加傾向にある。受入れ条件が整えば退院可能な患者は入院患者全体の12.9%を占め、その割合は年齢に比例して上昇し、75歳以上の後期高齢者では14.0%に及ぶ。
>> 続きを読む

ページトップへ