お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[診療報酬] 18年度改定前後で7対1一般病床が6,498床減少 アルトマーク

Mc %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 2018年度改定の前後1年間で、【7対1一般病棟入院基本料】に相当する【急性期一般入院料1】の算定病床が6,498床減少したことが、日本アルトマークがこのほど公表した調査結果で明らかになった。7対1から10対1との中間評価として新設された【急性期一般入院料2、3】に転換したのは60病院だった。
>> 続きを読む

ページトップへ