お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[健康] 17年度の特定健診実施率は53.1%、全保険者の実績を初公表 厚労省

 厚生労働省は3月18日、2017年度の特定健康診査・特定保健指導の実施状況について、全保険者の実績を公表した。全体の状況をみると、特定健康診査(特定健診)の対象者約5,388万人に対して受診者数は約2,858万人、実施率は53.1%(前年度比1.7ポイント増)。特定保健指導の対象者は約492万人、終了者は約96万人で、実施率は19.5%(0.7ポイント増)だった。いずれの実施率も年々上昇しているが、「目標(特定健診70%以上、保健指導45%以上)とは依然かい離がある」(厚労省)。なお全保険者の実施率が公表されるのは、今回が初めて。
>> 続きを読む

ページトップへ