お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医薬品] 費用対効果評価の検証受け、オプジーボの価格引き下げ

 中央社会保険医療協議会・総会は3月27日、医薬品・医療機器の費用対効果評価の試行的導入で、検証対象となっていた品目の価格調整方法を了承した。試行的導入の対象13品目のうち、企業分析と再分析の結果が異なる7品目で検証が行われた。検証結果に基づく価格調整で薬価引き下げとなったのは、オプジーボ点滴静注100mg・20mgのみ。それ以外の6品目は「価格調整なし」となった。
>> 続きを読む

ページトップへ