お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医療保険] 後期高齢者医療制度の17年度収支、保険給付費増で黒字縮小

 厚生労働省が4月12日に公表した「平成29年度(2017年度)後期高齢者医療制度(後期高齢者医療広域連合)の財政状況」によると、17年度の単年度収支は180億円の黒字、前年度からの繰越金反映後の収支は4,350億円の黒字となり、前年度に比べるといずれも黒字幅が縮小した。被保険者数の増加などを背景に、保険給付費が前年度比4.1%増と高い伸びを示したことが影響したとみられる。
>> 続きを読む

ページトップへ