お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医療改革] 「2022年危機」に向け、高齢者医療の負担構造改革を 健保連

 健康保険組合連合会(健保連)は4月22日、2019年度予算の早期集計結果と、団塊の世代が75歳以上になり始める「2022年危機」に向けた見通しを発表した。健保組合全体の19年度の経常赤字は前年度比371億円減の986億円、高齢者医療への拠出金額も減少する見込みだが、健保連は後期高齢者の伸びの鈍化による一時的な改善と分析。団塊の世代が後期高齢者になり、現役世代が減少する22年以降は、拠出金負担が急増し、保険料率の大幅な引き上げが危惧されるとし、政府に対して「目前に迫る『2022年危機』に正面から向き合い、早急に高齢者医療費の負担構造改革等に取り組むべき」と訴えた。
>> 続きを読む

ページトップへ