お気に入りに登録

一般社団法人 日本不整脈心電学会 植込み型心臓デバイス認定士制度 創設のお知らせ

制度創設および実施について

 植込み型心臓電気デバイス(CIED, Cardiac Implantable Electronic Device)の多機能化、高性能化は患者さんにとって多大な恩恵をもたらしています。日常の臨床において、CIED領域におけるメディカルプロフェッショナル(MP)のサポートは必要不可欠のものとなり、チーム医療として活動しなければ、CIEDの機能を十分に活用することはできません。

 これまで、CIEDに特化して、患者教育も含めたその管理を専門とするMPを認定する包括的制度はありませんでした。
 
 このたび、MPの方々から強い要望が寄せられ、日本不整脈心電学会において「植込み型心臓デバイス認定士制度」の創設が決定されました。

 本制度を2019年度から開始し、第1回の受験資格取得のための指定講習会および認定試験を、下記のとおり実施いたします。

本制度の目的

1) CIED に関わる医療スタッフ知識の標準化とレベルの向上
2) CIED に関わる医療スタッフ間の知識の共有と円滑化
3) CIED 患者の生活の質の向上に貢献
4) CIED の合併症と医療過誤の回避
5) 医療受給者に対する施設の選択基準の提供

受験要件

1) 日本の国家医療資格を有すること(経験年数は問わない)※1
2) 日本不整脈心電学会の会員であること
3) 試験日よりさかのぼって3年間以内に、指定講習会 ※2(年度毎に学会ホームページで公示)を受講していること

※1 人間を対象とした医療行為に関する国家資格保有者であり、本資格を実臨床および
  チーム医療に活かせることが望ましい。
※2 IBHRE/ CDR/不整脈専門臨床工学技士資格者は免除されます。

第1回 指定講習会 日程 

2019年7月24日(水)9:00開始 16:30終了
第66回 日本不整脈心電学会学術大会(パシフィコ横浜)会期中
受講料:10,000円(昼食込み)
1回の受講により、以降 3年間(3回)受験が可能となります。

講習会詳細・お申込み方法はこちらでをご確認ください。

第1回 認定試験 日程 

2019年11月17日(日)13:00受付開始
試験時間 13:40開始〜16:10終了(予定)
会場:TOC有明コンベンションホール
出題形式:マークシート方式(4択)による60題
受験審査料:20,000円

学習指導要綱(試験出題内容)はこちらでご確認いただけます。

第1回 合格発表および資格認定 

合格発表は2020年1月 予定
認定料(5,000円)の入金確認後、3月中に認定証および認定バッジを送付いたします。
認定期間は5年間(2020/4/1~2025/3/31)であり、単位取得(学術集会参加など)による認定更新を経て資格が継続されます。

本制度に関する詳細はこちらをご確認ください。

ページトップへ