お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[健康] 厚労省が「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を改定・公表

 厚生労働省は4月25日、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を改定し、公表した。年々増加傾向にある人工透析の新規導入患者は医療費を押し上げる要因のひとつ。なかでも新規人工透析導入患者の原疾患の4割以上を占める糖尿病性腎症の重症化予防は大きな課題で、新プログラムは、▽重症化予防に取り組む際の留意点▽省内連携体制の整備、2次医療圏レベルでの連携体制づくり▽事業評価・改善の視点-などに関する記載を充実。医療費適正化に着実に結びつく取り組みを促した。
>> 続きを読む

ページトップへ