お気に入りに登録

約5割の病院は何らかの訪問看護機能を有している|日本看護協会2018年病院看護実態調査

公益社団法人日本看護協会は、「2018年病院看護実態調査」を実施しました。その結果の中から、訪問看護への取り組みについて紹介します。


調査概要
●調査対象
全国の病院8,361施設(看護部長に回答を依頼)
●調査期間
2018年10月1日〜10月15日
●調査方法
自記式調査票の郵送配布・郵送回収
●回収状況
有効回収数3,634(有効回収率43.5%)
*前年度調査 有効回収率49.2%

訪問看護部門や訪問看護ステーションの設置・併設状況

 訪問看護部門や訪問看護ステーション設置・併設状況について聞きました。「病院内に訪問看護部門(訪問看護室)がある」13.5%、「病院に訪問看護ステーションを併設している」18.9%、「併設ではないが同一・系列法人に訪問看護ステーションがある」19.9%となり、何らかの訪問看護機能を有する病院は、52.3%となりました。

 病床規模別でみると200〜299床の病院が設置・併設の割合が最も多く、設置・併設が最も少なかったのは500床以上となりました(図1)。

**図1 病床規模別・訪問看護部門や訪問看護ステーションの設置・併設状況
病床規模別

 また、地域区分では、東京23区・政令指定都市・中核都市以外のほうが、なんらかの訪問看護機能を有している割合が多いという結果となりました(図2)。

図2 地域区分・訪問看護部門や訪問看護ステーションの設置・併設状況
地域区分別

今後の訪問看護ステーション併設の予定

 「訪問看護部門・訪問看護ステーションの設置・併設はない」と回答した病院については、今後の予定についても聞きました。ほとんどの病院が「併設は考えていない」とするなかで、機能強化型3の併設を予定または検討している病院が2.1%、その他の訪問看護ステーションの併設を予定または検討している病院が10.5%となりました(図3)。

図3 訪問看護部門・訪問看護ステーションを設置・併設していない病院(n=1,615)の今後の予定

*機能強化型訪問看護ステーションとは、機能強化型訪問看護管理療養費1、2、3のいずれかの条件を満たしている場合に認定されます。

要件
機能強化型訪問看護管理療養費1 常勤看護職員7人以上(サテライトに配置している看護職員を含む)
24時間対応体制加算届出済み
月の初日の訪問の場合、12,400円など
機能強化型訪問看護管理療養費2 常勤看護職員5人以上(サテライトに配置している看護職員も含む)
24時間対応体制加算届出済み
月の初日の訪問の場合、9,400円など
機能強化型訪問看護管理療養費3 常勤看護職員4人以上
24時間対応体制加算届出済み
月の初日の訪問の場合、8,400円など

日本看護協会 2018年病院看護実態調査結果
https://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/index.html

ページトップへ