お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[改定情報] 7対1から【急性期一般2、3】転換は3.1% 入院分科会調査

 厚生労働省は6月7日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に、2018年度診療報酬改定の検証調査の結果を報告した。一般病棟に関する調査によると、旧【7対1一般病棟入院基本料】算定病棟のうち、改定後に新設の【急性期一般入院料2、3】に転換した病棟は、わずか3.1%。「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)」を診療実績データ(DPCデータ)で判定している施設の割合は、【急性期一般入院料1】が約2割、【入院料4~6】は1割前後だった。
>> 続きを読む

ページトップへ