お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[改定情報] 【急性期一般1】の6割が【入院時支援加算】を届出 入院分科会

 厚生労働省が6月7日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に報告した、2018年度診療報酬改定の検証調査によると、新設の【入院時支援加算】の届出割合は、【急性期一般入院料1】が61.9%で最も高かった。これに【地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料】(37.3%)、【回復期リハビリテーション病棟入院料】(34.3%)、【急性期一般入院料2~3】(32.4%)-などが続く。
>> 続きを読む

ページトップへ