お気に入りに登録

緑茶摂取が2型糖尿病リスクの低減に有用か 九州大、久山町研究から

 緑茶成分のL-テアニンの代謝産物であるエチルアミンの血清濃度が高い人は、2型糖尿病になりにくい可能性があることが、福岡県久山町の住民を対象とした大規模疫学調査、久山町研究から明らかになった。九州大学大学院衛生・公衆衛生学教授の二宮利治氏らが「Diabetes Care」7月号に発表した。
イメージ画像
>> 続きを読む

ページトップへ