お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[災害医療] 災害拠点病院などの18年の耐震化率は90.7% 厚労省調査

 厚生労働省は7月31日、大規模災害に備えた病院の耐震改修と、非常用電源の確保・点検状況などに関する2018年の調査結果を公表した。地震発生時の医療拠点となる災害拠点病院と救命救急センターの耐震化率は、17年調査時点でも国が「国土強靭化アクションプラン2015」で定めた目標値(89.0%)を超えていたが、18年調査ではさらに上昇し、90.7%となった。
>> 続きを読む

ページトップへ