お気に入りに登録

【連載】教え方&指導術~中堅・ベテラン・看護学生編~

どうすればうまくいく? 看護学生への教え方

執筆 三宮 有里(さんのみや ゆり)

大阪市立大学大学院 看護学研究科 講師

組織の中心となって実習指導をする中堅看護師が、普段の指導内容を振り返り、問題や課題を解決する糸口になるような「教え方」のポイントを紹介します。また、これから実習指導を行う人は、実習指導に向けての心構えや準備の参考にし、実習指導のスキル向上に役立てていきましょう。


目次

※「ポイント1:実習のゴールを理解する」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


実習指導がうまくいく!3つのポイント

 看護基礎教育における実習は、とても重要な位置づけを担っています。それは、学内で学習した知識や技術を実践の場で応用することにより、看護実践能力、人間関係形成能力、臨床判断や問題解決能力を高めること、さらには看護専門職の役割や責務への理解を深めることを可能にすると考えられているからです。実習は看護学生の学びにとって意義深いものであるといえます。
 
 一方で看護学生の実習指導をすることは簡単なことではありません。実習は中堅看護師が困ったことや苦労したことをよく体験する指導場面であり、実習指導と通常業務を同時に実施しなければならないプレッシャーのなかで、学生にどのように実習指導をしていったらよいのかと、多くの看護師がジレンマを抱えていることが推察されます。
 
 ここでは、実習の種類にかかわらず、どのような実習でもここだけは押さえたほうがよい、実習指導における「教え方」のポイントを説明していきます。
 

ポイント1:実習のゴールを理解する

>> 続きを読む
ページトップへ