お気に入りに登録

【連載】「できる」に注目する高齢者看護

【事例】インフルエンザを発症した認知症高齢者の感染管理~患者の不安を軽減し、病室内で過ごせるよう工夫することで感染拡大を防ぐ~

執筆 野呂 修平(のろ しゅうへい)

青梅慶友病院 感染管理認定看護師


目次

※「■インフルエンザA型を発症」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


事例紹介

Aさん、90歳、女性、アルツハイマー型認知症
・障害高齢者日常生活自立度:A2、認知症高齢者の日常生活自立度:Ⅱ b、臨床認知症評価尺度(Clinical Dementia Rating):2
・個室入院中
・中核症状として、短期記憶障害(数分前に話したことを忘れてしまう)。時間・場所の見当識障害(今が何時なのか、ここがどこなのがわからない)などがみられる。食事の時間はその都度知らせ、席に案内することで、自分で食べることができる。また自室内のトイレに「トイレ」と表示をすることで、一連の排泄動作はできるなど、環境の調整や声かけをすることで、自分で行えることも多く、落ち着いて生活を送ることができる。

事例の経過

■インフルエンザA型を発症

>> 続きを読む
ページトップへ