お気に入りに登録

【連載】「できる」に注目する高齢者看護

不安を「見える化」して認知症の世界を知る~Team Care Drama(TCD)の開催~

執筆 大越 栄子(おおこし えいこ)

青梅慶友病院 認知症看護認定看護師

協力 高瀬 亜優

青梅慶友病院

協力 舟口 沙織

青梅慶友病院

協力 四垂 美保(しだれ みほ)

青梅慶友病院 病棟師長・認知症看護認定看護師

協力 木下 亜紀

よみうりランド慶友病院

協力 飯島 由紀子

よみうりランド慶友病院

協力 新城 美江子

よみうりランド慶友病院

協力 竹津 裕美

よみうりランド慶友病院


目次

※「2.TCD開催のきっかけ」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


1.Team Care Drama(TCD)のスタート

 当院では、認知症ケアのさらなる充実を目指し、認知症ケアマニュアル(以下、マニュアル)の改訂を行いました。しかし、マニュアルを作成したからといって、それをケアに活用することが容易ではないのが認知症ケアです。
 
 そこで、マニュアルの内容を視覚化し、認知症に対する理解を深めてほしいと考え、院内研修の1つとして「寸劇」を用いることにしました。そして、参加者に興味をもってもらうことを意図して、寸劇を『Team Care Drama(以下、TCD)』と命名、研修会を開催しました。
 

2.TCD開催のきっかけ

>> 続きを読む
ページトップへ